あすなろ臨床ノート

あすなろ臨床ノート

自律神経障害で休職していた症例 平成31年3月18日投稿

<症例> 30歳台、男性 現病歴 3年前に家族の不幸があってから、のぼせ、めまい、頭痛、耳鳴り、イライラする、気分が沈む(特に午前中)、易疲労感、寒気、だるさ、吐き気、不眠、便秘・下痢などが出現。特に天気が悪い時や食後に急に寒...
あすなろ臨床ノート

前立腺肥大の症状が改善した症例その2 平成31年2月16日投稿

以前、当院での前立腺肥大症の症状への鍼治療を報告いたしましたが、今回2例目を報告いたします。 前回の患者さんは今も継続的に治療を行っていて、IPSSも15前後を推移していますが、 実は1度、ハリ治療をしても全然症状が良くならな...
あすなろ臨床ノート

掌の温度と、上手下手   2019.2.5

患者さんの施術していると 「先生の手は温かくて気持ちが良いねえ」と言われることがあります。 最初は元々温かい方なのかなと思っていましたが、 そうではなくこれも訓練だと思うようになりました。 学生の頃に、生徒同士の実技で鍼や...
あすなろ臨床ノート

骨盤の歪みが影響していた膝痛 70才 元教師

膝の内側に痛みが生じ、歩くときにビッコをひくようになってしまった。なじみの接骨院に通院するも良くならず、近医の整形外科で膝に注射をしたが症状変わらず。 少し大きな病院の整形外科で診てもらったところ、レントゲン所見は問題なし。そ...
あすなろ臨床ノート

前立腺肥大症の症状に鍼は効くのか?

前立腺は男性のみ存在する器官で、その形態は栗の実様で、膀胱から出た尿道がその中心を貫いています。また、前立腺液という精液の一部を作っています。 前立腺の線組織は尿道粘膜下の内腺(小腺)と、その外側にある本来の前立腺の腺組織で...
あすなろ臨床ノート

冷え症の対処法と鍼灸治療

冷え症(冷え性)の実態 冷え症は一般的に更年期以上の女性に多いとされてきましたが、近年では若年女性に増加の傾向があり、男性にも一定数存在するといわれています。 平成28年の国民生活基礎調査の"手足が冷える"の有訴率(人口10...
あすなろ臨床ノート

当院における花粉症に対する鍼灸の効果 2018のデータ -秋の花粉症の症状への治療と春の予防-

民間気象情報会社のウェザーニューズによると来年2019年のスギ、ヒノキの花粉飛散量は比較的少なかった今年18年の2.7倍で、平年(09~18年の平均)より6割多くなると予測しました(2018.10.1)。 特に東日本を中心に予...
あすなろ臨床ノート

5年間続いた下痢に鍼灸治療が有効だった症例

先日、第17回東洋療法推進大会in鹿児島で症例発表したないようについて報告いたします。 お悩みになっている方の一助になればと思いましたので、公表いたします。 以下内容は発表内容を少しわかりやすくしたものです。 症例 60歳台、...
タイトルとURLをコピーしました