肩こりについて

国肩回りのお悩みなら、一度当院にご相談ください!

色々試してみたけれど、いまいち効果が出なかった・・・。
そんな方には是非当院の鍼灸を試してほしい!

こんなお悩み抱えていませんか?

  • 肩こりが酷くなると頭痛や吐き気、めまいもして鎮痛剤や湿布を常⽤している。
  • 仕事に集中できず、つい肩を無意識に揉んでしまう。
  • 上肢の痺れや重苦しさが気になって夜も寝られない。
  • 肩周辺が痛くて、腕を真っすぐ上に挙げられない。
  • マッサージやリラクゼーションに通っているが、効果は⼀時的だ。

これら頭痛・吐き気・めまい・上肢のしびれ・肩の関節の痛みは頑固な肩こりが原因かもしれません。

肩こりは精神的ストレスやホルモンバランスの異常などで引き起こされることもあります

・なで肩、ねこ背
・不適切な体位や姿勢の持続
・運動不⾜
・精神的なストレス
・⾃律神経の失調
・過労
・寒冷ストレス
・加齢
・ホルモンのバランス異常

原因としては上記のようなものがあり、これらにより⾸肩回りの筋⾁の筋⾁が硬くなったり、交感神経が過緊張を引き起こして、⾸や肩の知覚神経が”肩が凝った!”と信号を発しているものが”肩こり”です。

肩こり関連の症状

上肢の痛み・痺れ(頚椎症性神経根症、胸郭出⼝症候群など)

⾸の脊髄から分かれた神経は鎖⾻の下をくぐり、上腕から前腕を通り、⼿指に⾄ることから、上肢の重苦しい痛みやしびれはこの経路の中で起こる神経の圧迫や絞扼が原因であるといわれています。
レントゲン上で⾻に問題がない場合は、⾸や肩甲⾻、鎖⾻、肘、⼿⾸などの周辺の筋⾁などが神経を圧迫したり、絞扼することで症状が出現いたします。
したがって、検査ではいかにこれらの原因となっている場所を⾒極め、施術でそこの神経を開放するかがポイントとなります。


頚椎症は勿論ですが、頚部椎間板ヘルニア、胸郭出⼝症候群と医療機関で診断されても当院の施術の⼗分な対象となります。

肩周辺の痛み(肩関節周囲炎、五⼗肩、⽯灰沈着性滑液包炎など)

肩の関節系症状の場合、痛みが動かしたときだけ痛いか、動かさなくても痛いかがポイントとになります。
じっとしていても、夜寝られないくらい痛みが強い場合は、まずは医療機関の受診をお勧めいたします。
運動中・後の場合は腱板炎や肩峰下滑液包炎が疑われます。
レントゲン上で肩の腱板というところに⽯灰がたまっている場合もあります。注射で⽯灰を吸引し、痛み⽌めやステロイド剤を注射すると軽快します。

痛みと共に可動域が制限されている場合は五⼗肩です。
最初は肩を動かす動作で痛みが⽣じますが(肩関節周囲炎)、痛くて動かさないでいると可動域が悪くなってきます。
肩の関節を包み込む袋や肩の潤滑油の⼊っている袋が癒着するためです。こういう状態を⼀般に五⼗肩と⾔います。肩関節のリハビリをしつつ、少し気⻑なハリ治療が必要になります。と⾔っても、⼀般的な電気治療などよりは、ずっと早く改善いたします。

当院の肩こり治療の特徴

根本解決による肩こりしにくい体質へ

⼀般的な肩こりの治療では肩や⾸、背中周辺のみを施術したり、電気を肩だけにあてたりします。
しかしながら、前述したとおり肩こりの原因は様々ですから、肩周辺だけ治療しても効果がなかったり、施術したときは良いが元に戻りやすくなります。
それは猫背などの不良姿勢の改善や、ストレスによる交感神経の過緊張状態から脱却を⾏えていないからです。

特に様々なストレスは肩こりを強め、頭痛やめまいなどを引き起こさせる厄介な要因です。
つまり、このような⽅は”肩こりしやすい体質”になっているのです!


様々なストレス➡交感神経の活動亢進➡筋紡錘(筋⾁内にあるセンサー)の興奮性を亢進➡筋⾁の過緊張➡末梢⾎管の収縮➡筋⾁の⾎流障害➡筋の過緊張➡末梢⾎管の収縮・・・


と肩こりの負のスパイラルにはまってしまい、湿布や飲み薬を⼿放せなくなってしまいます。
でも、ご安⼼ください。
当院では多くの⽅が痛み⽌めや湿布の依存から解放されています。
当院では検査で全⾝の状態を把握し、その状態に応じた施術をしてきます。
整体で歪みを、鍼灸で⾎流や⾃律神経を調整したり、猫背と関係するコリを取り除くことによって、結果として肩こりしにくい体質へ変化していきます。

肩こりになりにくい⽣活習慣をアドバイス

肩こりの根本的解決は施術を受けるだけでは⼗分ではありません。ご⾃⾝の⽣活習慣・⽣活環境にその原因は潜んでいます。
初回に書いていただいた問診票を元に肩こりの原因になっている⽣活習慣・⽣活環境についてアドバイスさせていただきます。
また、ご⾃宅でお灸が出来そうな⽅には。お灸も指導させて頂いています。

当院の肩こり・上肢の悩みに関するデータ

平成28年5⽉〜平成29年6⽉に来院した患者さまのうち


①⾸や肩のコリのみ
31名
②⾸や肩のコリ+上肢の痛み・痺れまたは上肢の痛み・痺れのみ
10名
合計 41名


のお悩みでハリ治療をした⽅の施術結果を集計いたしました。
施術結果は当院の施術を受ける前の肩こりの状態を10とし、次回施術を受ける前に10〜0のスケールを⽤いて、半分なら5、症状が全くない状態を0として回答してもらました。
なお、1回のみで来院しなくなった患者さんはデータから除外しました。2回以上通院され、途中脱落と考えられる⽅もデータに⼊れました。

男⼥⽐では⼥性の⽅が多い傾向がありました。
年代別では10歳台はいなく、80歳台もほとんどいませんでした。他の年代は14〜28%で、だいたい同じ割合でした。

肩こりでおなやみの⽅の約2割の⽅に頭痛が伴っていました。
その他にも、めまい、吐き気、⽿鳴りなどの症状もみられています。

平均通院6.4回で10あった肩こりが3.6(64%改善)になりました。

7割以上改善した⽅が67.7%、9割以上改善した⽅が25.8%でした。

平均通院7.1回で10あった上肢の痛み・痺れが2.6(74%改善)になりました。

半分以上改善した⽅が80%、9割以上改善した⽅が70%でした。

肩こりは平均6.4回の施術で症状の64%が改善し、7割以上改善した⽅が67.7%、9割以上改善した⽅が25.8%でした。
上肢の痛み・痺れは平均7.1回の施術で症状の74%改善し、7割以上改善した⽅が70%、9割以上改善した⽅が70%でした。
肩こりが9割以上の改善した⽅が25.8%と低い結果でした。
これは、肩こりが⽣活習慣・⽣活環境などの影響を⼤きく受けているのだということを現しているのかもしれません。
施術を受けるとともにスマホやパソコン作業時の姿勢、飲⾷状況、運動習慣などを⾒直されると良いと思います。

内科的疾患でも肩こりが生じることがあります

上記の生活習慣の改善などを試みても解決しない場合、内科的な部分で疾患があることもございます。

狭⼼症や⼼筋梗塞の前兆

狭⼼症や⼼筋梗塞などを治療中の⽅、ペースメーカーを⼊れている⽅、動脈硬化、⾼⾎圧症、⾼脂⾎症、糖尿病、肥満、ヘビースモーカーの既往がある⽅は注意してください。
肩周辺の痛みや重だるさなど、
特に左側の肩や背中が凝る・胸にかけての痛みがでたり、また、左の腕が痛くなったり・重だるくなることがあります。

肝臓・胆のうの病気

右肩や右肩甲⾻周辺、背中が痛む時は肝臓や胆のうに障害がある場合があります。
肩のこりだけでなく、右悸肋部(右脇腹)に鈍痛を感じたり、⾵邪をひいた時のように体がすごく重たく、常に疲れが取れない・⾎液検査などで肝臓の数値がいつも⾼い⽅は注意してください。

胃腸の障害

胃の調⼦が悪い時は胃部に痛みや不快感がでることが多いですが、
肩甲間部(背中よりやや上部)に痛みや重苦しい感じがすることがあります。
暴飲暴⾷、冷たいもの⼤量に摂取するとで肩こりを感じる場合もあります。

肺の病気

肺炎や肺結核、肋膜炎の初期は発熱の他に背中や肩・肩甲⾻周辺が凝ったりだるかったりする
ことがあります。
また、肺がんの初期症状のこともあります。

その他の病気

甲状腺、咽頭・喉頭、⻭科の問題でも、肩やその周辺にコリ感や違和感を感じることがあります。

下記に当てはまる方は一度専門の医療機関に診察に
  • ⼀⽇中、何しても常に肩こりなどの症状があり、楽になることが無い。
  • 整体やカイロプラクティック、鍼灸などの治療を受けても全く改善しない。(おおむね、3回程度)
  • 2週間以上倦怠感、疲労感がずっと続いている。
  • 1か⽉で3kg以上の体重の減少がある。

根本的な肩こりの改善のために

当院では、患者様の根本的な改善のために、計画的な施術をおすすめしております。
それは当院のデータからも7回程度の通院(約2か⽉程度)で、安定した改善がみられているからです。
もちろん初回で施術前後の変化を実感はしていただけますが、1回きりだと症状の改善は⾒込めません。

施術効果が体になじんでくるには5回程度の施術(約1か⽉)は必要であり、安定した改善を考えると10回程度必要だと考えられます。
定期的に施術を受けると治療効果が蓄積してきて、症状が徐々に楽になってきます。
症状が9割ほど改善してきた、もしくは次の施術(1週間後)まで症状が出てこなくなったきたら、1回/10⽇または1回/2週間の施術で様⼦をみます。再び症状が悪化するようでしたら、もう⼀度1回/週の施術を続けてください。そうやって、徐々に間隔を空け、治療を卒業していってください。


「楽になるにはずいぶんかかるんだな・・・」と思ったかもしれませんが、本当の意味で⾝体が良くなるにはずいぶんかかるものなのです!


悪い習慣で起きた症状ですので、元に戻すのはそれなりの覚悟が必要です。
しかし、きちんと5回程度の通院しても症状が1㎜も1%も改善しなければ、当院の施術では変化しない可能性があります。私の⼒不⾜か、別の原因が考えられますので、施術は中⽌いたします。

肩こりの完治には日常生活の改善が不可欠です

肩こりに関して施術の効果6割、⽇常⽣活の⾒直しが4割だと考えています。
これはどういうことかと⾔いますと、当院の施術を6.4回受けると平均して症状の64%が改善していますが、他の症状に⽐べ改善率が低かったからです。
これを10回以上継続した⽅で⾒てみると、83%の⽅が8割以上肩こりが改善していることがわかりました。

つまり、10回程度の継続治療がさらなる改善につながると考えられます。
改善率が⾼いと、その後施術を中断した時に再発する時間が⻑くなります。つまり、施術効果の持ちが良いようです。
したがって、理想は1回/⽉の頻度の継続治療が望ましいのですが、それが不可能な場合は⾃⾝で姿勢に気を付けることや適度な運動を⾏う習慣を⼊れなければなりません。


継続治療を続けている限りは、肩こりはあまり感じなく過ごすことができますが、
本質的な改善を考えると、⽇常⽣活の改善が不可⽋だとも⾔えます。
⾃⾝の⼒で100%肩こりをしないように気を付けるか、このような施術の⼒を借りるかは⼈それぞれですが、時間のない⽅は施術を取り⼊れることも考えても良いのではないでしょうか?

肩こり完治のために日常生活で気をつけること

運動不足

時間を⾒つけて、おうちの周りを散歩するなど、⽇常から運動を取り⼊れましょう。

ストレス

⾃分の⼼の声を⼤事にしましょう!はっきり⾔うことも必要です!
たまにある休⽇は⾃分のからだのために、ストレスを溜めないことを⼼がけましょう。

過労

⼀⽣懸命頑張る⽅に限って休息を悪いもの、怠けていると考えたりします。
または本当は休みたいけど、会社的に休めない!
と思うかもしれませんが、頑張るためにも休息は意識的に取らなければいけないものです。そうしないと、⼼⾝が壊れて取り返しがつかないことになります。

飲食

暴飲暴⾷はストレス解消にはなりません! 質のいいものを少なくとるという考えも必要です。胃腸は冷えに敏感です、冷たいものはほどほどに。

睡眠不足

朝起きてだるいのは、寝不⾜かもしれません。12時には寝るようにしましょう。

最後に

肩こりが改善されるとこんなにいいことが待っています!

  • 鎮痛剤や湿布も貼らなくなった。
  • 仕事の能率が上がった。
  • 夜、熟睡できるようになった。
  • 姿勢が良くなった。
  • マッサージやリラクゼーションに通わなくてもよくなった。
  • 少し無理をしても頭痛やめまいなどが起きなくなった。

心も体も軽くなる未来が欲しい方はお気軽にお問い合わせください!

タイトルとURLをコピーしました