宮城県大崎市で施術実績2万人以上を誇る鍼灸

あすなろ鍼灸院

自宅でのお灸のススメ

お灸イメージ写真

今回、ご自宅でお灸をして頂くために解説文&動画を載せることにしました。

これは初心者の方向けに作成しておりますので、ごく易しい解説となっております。

お灸に興味があって、やってみようかなと思っている方はどうぞ、入門解説書としてみて頂けたらと思います。

 当院の施術を受けられている方の中で、「この方は自宅でやってもらいたいなあ」とか、「さらに施術の効果を高めるにはどうしたら良いか?」と考えていまして、最終的に自宅でお灸をしてもらうのが一番だということにたどり着きました。

当院ではツボカードを配布したり、お灸を購入していただいた方には簡単な解説書を渡しているのですが、もう少し丁寧な説明が必要だと感じていました。

そこで、動画による解説(準備中)とホームページによる解説を見てもらうのが手っ取り早いと思い、今回このような運びとなりました。

もし、「さらに個別の説明を受けたい」とか、「直接指導してもらいたい」という方は、当院では"家庭でも出来るお灸講座"を開催(不定期)していますので、そちらに参加していただければと思います。

鍼灸師として、日本古来からあるシンプル医療であるお灸ライフを身近なものとして広がっていけば良いなと思います。

お灸に使われるモグサとは?

モグサ

モグサは艾と漢字では書き、草餅で用いるヨモギの葉の裏にある白い綿毛を乾燥させたものです。

精製度合いの低いものは黒くて、葉っぱとか茎のような入っているので手触りが悪いのですが、精製していくと黄色っぽくなってきて、綿花のようにふわふわになっていきます。

温灸用などの安いものでは1g5円から精製度合いが高く、産地も良好な高級品では1g100~200円もします。

いつ頃から灸の材料にモグサを使うようになったかは定かではありませんが、モグサを燃やした時の温度がだいたい百数十℃で、モグサが当たる皮膚表面は60~80℃と言われています(高級品)。これは新聞紙約290℃、たばこの燃焼温度が700℃と比べとても低いとは思いませんか?

艾の燃焼温度がこのように低く、柔らかい熱量だからこそお灸に使われたのかもしれません。

お灸の効果とは?

お灸

体の不調を整えるのに、我々鍼灸師はハリや灸を用いたりしますが、それ以外にも指や手のひらで皮膚や筋肉を押したりする指圧やマッサージがありますよね。

ハリ治療は素人の方にはちょっと無理がありますが、お灸はご自宅で簡単に"治療+癒し"を行うことができます。

お灸は熱を用いてツボを刺激する療法ですが、指圧やマッサージに比べ効果が高く、しかも安全かつ簡単に行うことができます。

からだを変化させる力は

ハリ > 灸 > 指圧 > マッサージ

の順になっており(物理的刺激量から判断)、自宅で行える本格的治療法としてお灸は最適で、思わぬ効果をもたらすことはまれではありません!

お灸の効果は?

肩こりの女性

痛みを抑える、筋肉のコリを解消する、冷え症改善、自律神経失調の改善などの他、お灸独特の効果として免疫力を上げる効果もあります(長期施術による)。

お灸の種類

お灸の種類

お灸にはモグサを皮膚の上に置いて行う焼き切る直接灸(有痕灸)と皮膚とモグサの間にショウガやニンニク、塩、味噌などを置いて台座とし、その上にやや大きめのモグサを置いて行うもの、厚さ数ミリの厚紙を台座にするもの、棒状に固めたもの・・・などの間接灸(無痕灸)があります。

市販されているものはほとんどすべてが間接灸で、台座が厚紙でできたタイプと円筒形のものがあります。素人には簡便で、安全にお灸を楽しめるのでお勧めです。

お灸をする前の注意点

やけどイメージ写真

某大手お灸メーカーの説明書には

"お灸の効果に熱刺激はなくてはならないものです。ヤケドになることを100%防ぐことはできません"

と明記しており、私もお灸は熱刺激による治療法なので全く熱くないものは効きにくく、多少の熱さ(40℃以上)は最低必要だと考えています。

市販の灸でも火を使うタイプは40℃以上になっていることが多いので、これらを購入した場合、熱刺激によるリスクは100%防ぐことはできません。

ただし、注意して行えば99%ヤケドは防げることなので、以下の文をよく読んでお試しください。

使用してはいけない人

・幼児以下
・飲酒した方
・熱がある方
・認知症の方
・その他、自分意思でお灸を取り外せない方、または取り外すことを相手に伝えられない方
・薬や化粧品でアレルギー症状(発疹、発赤、かゆみ、かぶれなど)を起こしたことがある方
・糖尿病など皮膚への軽い刺激でもヤケドを起こしやすい方
・妊娠中(医師と鍼灸師に一度ご相談ください。安産灸というのもあります)の方

使用してはいけない部位

・顔面
・粘膜
・湿疹、かぶれ
・傷口

用意するもの

①お灸、②灰皿、③ライター、④サインペン、⑤バスタオル

①お灸
お灸

ドラッグストアなどで売っています。湿布薬やテーピングの隣にあることが多いです。

手にとったら必ずその商品はどのレベルの熱さの物なのかを確認してください。

初めての方は一番熱くないレベルのものを購入してください。

商品の箱にソフトとか弱とか書いてあります。数字の表示が1~5まであれば、1の熱くない物をです。間違っても、初心者はハードとか強といった物は購入しないでください。

当院でもインターネットやドラッグストアよりもお手頃価格で販売しております。

②灰皿
灰皿

基本的に何でも良いのですが、灰皿の底面に少しだけ水を入れてください。

ティッシュを水に濡らしたものを敷いてもかまいません。使い終わったお灸の熱を速く冷ますためと、万が一まだ火種が残っていた場合にそれを消すためです。

③ライター
ライター

出来れば火力が強いターボライターが〇、これは市販の台座灸の中には火が付きにくいものがあり、点火に時間がかかると指が熱くなる可能性があるためです。

また、火の出るところの柄が長いタイプのライター、いわゆるチャッカマンタイプの方が安全で〇です。

当院ではこの両方の利点を兼ねるポケトーチという製品を使用しております。

④サインペン
サインペン

基本的に何でも良いのですが、お灸の場合特に綿花で消毒するわけでもないので、拭いて色が落ちやすい水性ペンが良いでしょう。

もちろん、毎日お灸をしたい方は油性ペンでも構いません。

⑤バスタオル
バスタオル

古いもので構いません。からだの下、もしくはお灸をする患部の下に敷いてください。

万が一、火のついたモグサや灰が落ちて、焼け跡がついたり、汚したりしないようにするためです。

準備が出来ましたらお灸しましょ♪

1.ツボの確認

ツボ確認

まず、ツボの確認。参考書等があれば、それを利用していただいてオーケーです。

重要なのは"押してズキッとかズーンとか痛みや重苦しい感覚を確認すること!"押して、痛みが無いところはお灸する必要はありません。

また、近いところに複数痛い場所があれば、"一番痛みが強いところ"がツボです。確認したらズレないようにサインペンでしるしを付けましょう。

2.お灸に火つける

お灸に火をつける際の注意点

親指と人差し指の付け根のいわゆる合谷というツボ付近に、シールを剥がしたお灸を適当に並べます。「直接患部に置いてから、お灸に火を付ければ良いじゃないか?」と思われるかもしれませんが、患部にライターの火を近づけるのはかなり危険です!

お灸に点火している時間に少しでも動くとライターの火でヤケドする場合があります。

面倒かもしれませんが、安全性を考慮して合谷付近で点火しましょう。

スモークレス灸など中には火が付きにくいお灸もありますので、しっかり点火したかどうか確認しましょう(煙がモクモクでてきて、モグサの頭が赤くなったらOK)。

3.お灸を患部にのせる

お灸をのせる

点火したお灸を患部に載せます。この時、先ほどサインペンでしるしを付けたものが効いてきます!

しるしを付けないと「あれっ、どこだっけ?」なんて、ツボを探している間に手に乗せたお灸が熱くなり、「アチチチ!」となりますので、先にしるしを付けることをお勧めいたします。

台座灸は初めに煙が発生しますが、60~90秒ほどすると煙が出なくなり、その頃より徐々に温かく、そして熱くなります。

3分くらい経つとピークを迎え、それが60~90秒ほど続き、次第に熱さが弱まってきます。5分くらい経つと台座横の部分をさわっても熱くなくなりますので、指でつまんで灰皿に捨てます。

※必ずこのくらいの時間で変化するとは限りません。メーカーや温度タイプによってこの時間は変わってきますので、流れの目安程度に!

お灸をしている時の注意点

①もし思ったよりも熱かったら?

イケる!と思ったが、やってみたら熱くて(60秒なんて)耐えられないかも!?と思ったら、灰皿の場所を確認し、思い切ってお灸を取りましょう。

温度が最高点に達するとチリチリするような感覚がありますが、そのくらいがちょうどよい熱さです。これ以上の反射的に取りたくなる熱さを感じるようならば、熱すぎなので取り除いて構いません。

ベストは"ほんのり温かい~チリチリ熱いが耐えられる温度"です。

台座の横の部分も熱くなっていますが、素早くやればヤケドはしません(もたもたしていると熱いです)。
熱さやお灸操作に慣れていない場合は、同時に行うのは最高2個までにしましょう。

②ヤケドについて

お灸の熱さに慣れていなくて、思ったより熱くて、やった後ヒリヒリする場合は水ぶくれになる可能性があります。保冷剤をハンカチに包んで冷やしましょう。

お灸後に発赤するのはフレア現象と言って、お灸の刺激が中枢に届きましたよ、というサイン(軸索反射)です。疲れていたり、寝不足だったりすると出やすく、ヤケドではありません。

お灸をしている時に熱さと共に、痒いような感覚が出ることがあります。異常ではありませんが、間違っても火のついたお灸の場所を掻かないようにしてください。

※水ぶくれにならないように一番温度が低いものから試しましょう!

③「灸あたり」という現象

お灸直後、または翌日から全身のだるさ、疲労感、脱力感を数時間から数十時間自覚して、そのあとに急速に症状の改善がみられる現象を灸あたりといいます。

その他に、頭が重い、めまい、食欲不振、寒気、発熱、吐き気なども生じることがあり、日常生活もままならなくなるほどでることも極まれにあります。

原因としては灸刺激に対する生体の過剰反応と考えられています。

お灸の数が多すぎたりすると起こりやすいので、お灸の刺激量が多すぎることも要因と考えられています。発生機序については不明です。

参考:はり灸理論 東洋療法学校協会

④煙や匂いについて

お灸は点火すると、初期に煙がたくさん発生します。換気扇がある部屋か、窓を少し開けて換気させましょう。

1,2回で衣類に匂いがつくことはありませんが、気になるならば予め別な部屋に衣類などを移動させてください。

最近ではスモークレス灸という、炭でできた灸やアロマ灸などいい香りの灸も出ています。

匂いは少ないのですが、全く無いというわけではありません。ただ、気になるほどでもありません、多少値段が高いです。

また、お灸した後に黄色のヤニみたいなものが付きますが、そのままにしても健康に害はありませんが、匂いや衣類に付着するのが嫌な場合はふき取ってください。このヤニは無益無害です。

これで良いのか、不安・・・なときは?

お灸講座

すいません。

まだ出来ていませんが動画を少しずつあげていきます。

また、直接指導してほしい方は"家庭でできるお灸講座"に参加してください。

当院の鍼灸師は大手お灸メーカーセネファ(商品名せんねん灸)のせんねん灸セルフケアサポーターでもありますので、ツボのこと、お灸のことなどで分からないことがあったらどんどん質問してください!

最後に

ブヨに刺されたときにお灸と馬油で跡かたなく完治

お灸はごくたまに灸あたりやヤケド、そして多少熱いというリスクはありますが、日本古来より伝わるとても健康に良い療法です。

ある有名な鍼灸師の先生はお灸を日頃からやっている人とやっていない人では10年後、20年後の(健康状態が)かなり違ってくるよ!とおっしゃっています。

お灸は長くやれば、長くやったなりの効果があります!継続は力なり!です。

ただ、残念ながら日本ではこの文化が急速に廃れていってしまっている事実があります。

今から15年くらい前、山形県の整形外科で働いていた頃です。昭和一桁世代の患者さんでも、「お灸はしたこともないし見たこともないね」という方も結構いました。これには鍼灸師としてびっくりでしたし、残念でさみしい気持ちになりました。

逆にその当時80歳台の大正生まれの方々に同じように質問した時はお灸したことある方やお灸しているのを見たことある方は結構いたと思います。そのへんが何となく境なのではないでしょうか?

※当時、それらの大正生まれのおじいさんやおばあさんの肩(肩中兪付近)に500円くらいのケロイドがあることがありました。疳の虫だか、病気にならないとかで小さいころにされた灸だと言ってました。痕からするとよっぽど熱かったと思います。実はこれは健康灸の一つでお寺さんなどを中心に昔は行われていました。しかし、昭和一桁以降のお生まれの方では見たはことがありません。

このまま、いったら日本のお灸文化は過去のものになってします!!ここで食い止めねば!!

そして、それを若い世代に残さなければ!!

なので、ゆくゆくは小・中学校などで生徒に指導できれば、そして何人かでもお灸を好きになってくれれば良いなあと思います。

お問い合わせについて

電話をしている女性

ご予約に関しましては、お電話もしくは
メールお願いいたします。

『お電話ありがとうございます。』
と電話に出ますので

『HPを見ました。予約をお願いします。』
と伝えていただくとスムーズです。

お問い合わせはこちら→0229-25-6703
8:00~12:00 × ~14:00 ×
14:00~18:30 × ~17:00 × ×
メールでのお問い合わせはこちら

あすなろ鍼灸院

所在地 〒989-6102 宮城県大崎市古川江合本町2丁目1-10-1
アクセス JR古川駅 徒歩20分
営業時間・定休日
8:00~12:00 × ~14:00 ×
14:00~18:30 × ~17:00 × ×
初めての方へ
当院の鍼灸治療が選ばれる
理由
当院の鍼治療が初めての方へ
よくある質問
当店について
当院の治療の方針・考え方
スタッフ紹介
料金
院内風景
地図・行き方
施術の流れ
当院が得意とする症状
  • 肩こり頭痛について
  • 腰痛について
  • 自律神経障害について
アクセス

住所

〒989-6102 宮城県大崎市古川江合本町2丁目1-10-1

アクセス

陸羽東線 JR古川駅 徒歩20分
車で7分程度

お知らせ